格安SIMベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなく

キャリアから購入したスマホやネットワーク接続できるタブレットには「SIMロック」が施されているものと、SIMロックがかかっていないタイプのものがある。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなどの会社が売っている端末は、SIMカードは他社のカードが使えないSIMロックが施されています。

しかしながら、SIMロック端末であったとしても、ドコモの端末であれば、ドコモの通信回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)の格安SIMのサービスを利用することができます。

安価にデータ通信ができる格安SIM。

月の価格が数百円というものもある格安SIMでは、2GBから3GB程度のデータ量が使えます。

LTE側の通信を使いきると制限がされることがありますが、そんな状態でも重いデータや動画以外であれば、インターネットやメールは問題なくできます。

あなたが格安SIMに切り替えれば、月々の通信費を抑えることができます。

docomo等だと6000円以上かかる料金が、格安SIMだと月々1000円なんていう料金になることが。

一度、プランニングしてみてもいいかもしれませんね。

今なら、docomoやKDDIなども格安SIMの提供を開始しています。

格安SIMはちょっと不安という方や、これだけで使っていけるきちんとしたサービスを提供できる格安SIMを探している方は、NTTdocomoやauから出ているサービスを選択するのもありかもしれません。

iPhoneでも使うことが出来るのでしょうか。

docomo回線の事業者であれば、iPhone(ドコモのもの)を使うことが出来ます。

しかし、softbankやauのものは残念ながら使えません。

そのような方は、SIMフリーのiPhoneを購入するか、SIMロックを解除する、アダプター(下駄)を使うことになります。

そもそもSIMとは、docomoでは、UIMカードau(KDDI)では「au ICカード」、ソフトバンクモバイルでは、USIMカードと言われているICカードのことを指しています。

スマホ、タブレットに、大手キャリアのものではなく、MVNOのSIMカードを入れて使うと、安い料金で使えることがあるため、最近注目されるようになっています。

普通は、データ回線がふとければ利用者が増加しても、ネットワークの速度低下は発生せず、通信設備にちゃんと投資をしていれば、データを安定して処理できるのでユーザーが増えた場合においても、速度の低下はあまり発生しません。

このようなことから格安SIMベンダーを選ぶ場合は、安ければ良いということではなくサービス品質も考慮して選ぶ際の基準とする必要があることが分かります。

実際にはスマホに格安SIMを端末にセットしただけでは、使うことはできないのです。

これは、スマートフォンでネットワークに接続できるための設定が出来ていないからです。

キャリア版のスマートフォンはAPNの設定がプリセットされているのでSIMを挿入するだけですぐにネットワークを使用できますが、格安SIMを後から購入した場合、APNの設定をユーザー自身が行わなければならないのです。

格安SIMや格安スマホを販売している多くの仮想移動体通信事業者(MVNO)は、ドコモのネットワークを借りてサービスを行っています。

よって、製品スペック上のデータ通信速度は最大で150Mなど、どの仮想移動体通信事業者でも大きな差はありません。

けれども、通信速度チェックを実際に行ってみるとMVNOによって大きく異なるんです。

例をあげると、通信速度を昼休みなどのアクセスが多い時間に測ると、大きな差として、1Mから20Mあたりまでを確認することが出来たケースも。

さまざまなMVNOもドコモのネットワークを使用しているはずですが、大きな違いで出る理由はどこにあるのでしょうか。

その理由として通信速度は、通信回線の帯域の太さと「通信設備」に影響されることがあります。

「帯域の太さ」と「通信の設備」は各社によって違ってくるものです。

もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>かけ放題?格安SIMは無制限で選ぶ時代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です